ブリーデン GRF-TR68ストレンジ | 爆釣屋・山口富田店 入荷情報

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリーデン GRF-TR68ストレンジ

2015.01.31.Sat.18:33
いらっしゃいませ爆釣屋スタッフまるです

メバリングフォトバトル冬の
メバリングフォトバトル-冬の陣-に多数のご投稿ありがとうございます!!
現在開催しております-冬の陣-の終了が近付いております!!
参加者の皆様からのご意見を複数頂戴しており、最終投稿期限を明確にしておきたいと思います。
週末の釣行チャンスとなる1/31(土)を投稿最終釣行日(日をまたぐのは問題無し)とし、2/1(日)の18時を投稿の最終締切とさせて頂きます!!
最後の最後までサイズアップを狙って下さい!!

それでは、お売り頂いたロッドのご紹介です
ブリーデン GRF-TR68ストレンジ
20150131.jpg
「口を使わせるロッド」と言うものをイメージできるだろうか?
ショートバイト対策の「長く咥えさせる」と言う能力は、フィネス専用設計ならある意味当たり前の能力だ。私がイメージしたのはそうでは
なくて、「咥えたくさせる」と言う次元だ。これは繊細なティップを持つ「延べ竿」を思うがままに操れるアングラーなら理解してもらえる話で、例えばボトムに置いたリグをフッとリフトさせる時に、そこに生々しい生命感があれば魚は口を使ってくれる。その際
にロッドティップは硬くても軟らかくてもいけない。ごく普通に、ごくナチュラルに、ルアーをアクションさせたいのだ。
 このイメージはアジングで結晶化した。もちろん激渋メバルを釣るために作った一本であるのだが、このロッドの能力はアジングにおいてよりいっそう際立つのだ。アジはスローな状態の時、半端ではなく口を使ってくれないが、前述したボトム付近でのナチュラルアクションを自然に演出できるストレンジは、現場でその性能を遺憾なく発揮してくれた。実釣使用してくれたアングラー達も一様に驚き、「口を使わせるロッド」を体感した後「これを使うとある意味、釣りが下手になるかも…」と漏らすほどだった。
 ジグヘッド単体の釣りはもちろんだが、アジングのスタンダードである、極細フロロカーボンライン(1~2ポンド)+極小スプリットリグ(1gスプリット+0.4gジグヘッド)等で、異次元かつ究極のフィネスを体験していただきたいロッドだ。(HPより)

定価 36,900円(税抜) ⇒ 爆釣屋価格 25,800円(税抜)


皆様のお越しを心よりお待ちしております。

メール会員募集中!!

登録は↓のQRコードを読み取るか
p-karamail@.jpg
p-karamail@karamail.ktm-solution.com
に空メールを送って下さい。 登録用メールが受信されます。
※ドメイン指定受信(迷惑メール拒否設定)をしている方は一度解除をしていただくか、
上記アドレスを受信できるように設定して下さい。


アクセスランキング参加中!
こちらのアイコンをポチッとお願い致します。

↓  ↓  ↓
にほんブログ村 釣りブログ 釣具屋へ
にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー

釣り具 ブログランキングへ




ブログ用買取バナー

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。